So-net無料ブログ作成
検索選択

Pioneer SE-M280な話 [ヘッドホン&レビュー]

ちょろっとヘッドホン洗脳(笑)をしていた知り合いが、以前買った安いヘッドホンの音が気に入らなかったので使わないである、ということで改造依頼を受けました。

持ってきて頂いたヘッドホンはPioneerのSE-M280。

091219-7.jpg

まずは音の確認ということでレビュー。。。。ん~、厳しい・・・。(^^;

装着感は普通~気持ち強め。角度調整は出来ているのでしっかりと装着出来ます。厚手のイヤーパッドはよくある薄皮が剥けてボロボロになる心配が無く、それでいて固さをあまり感じません。それでも長時間の装着は側圧も加味されてじわじわと疲れてきそうですが・・。
フリーアジャスト機構のヘッドバンドはこの価格では珍しいかな?アウトドアというイメージでは無くなりますが、この側圧なら大丈夫かもとも思ったりもします。

さて音ですが、まず籠もり感が気になります。高域が伸びなく、少し腰高の低域がやや強めに出てきます。中域は普通に出てきますが、高域の不足から物足りなさを感じます。逆に高域の痛さはありません。
低位は普通~狭め。音漏れ・遮音性は普通の密閉並み。3m以上ある線はポータブルで使うにはちょっと取り回しが面倒です。

091219-6.jpg

メーカーサイトを見てみると、「DVDならではの高音質に対応する・・」って書かれていますので、室内でDVD鑑賞するためのヘッドホン・・・というコンセプト?それなら線の長さもフリーアジャストも、妙な低域の強調されたバランスももなんとなく納得。

・・・さて、これをどう料理しようかなぁ。。。(--;


nice!(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 40

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。